独立起業あるある都市伝説

男性に好かれる出世系女性

2018/06/21

明るく丁寧で優しい奥さんタイプ

 

人あたりがとても丁寧で、明るく、従順でちょっと天然なスキがある感じな女性社長。会社案内のプレゼンをして、「ちょっとわたしもよくわからないんだけど(なんで社長なのにわかんないの?と突っ込みたくなる)」と明るくはなし、事業課題を「どうしたらいい?」ってずうずうしく頼りながらきいて、最後は、「あ、ごめんさない次の打ち合わせがあるから」と、あかるくありがとうといってさよならする女性。そして、会合参加に奔走する野心家。

こういう系統で大企業でマネジメント経験のある女性は、まちがいなく、男性好かれて出世したタイプの女性だと想像する。腕っぷし一本で、頑張ってきている女性なんかからすると、「男性に好かれて出世がうまいひとっているよね」と、ややもすると腹が立つこともしばしばあるよう。堂々と正しきことを意見したり、男性を詰めてしまうようなことは、絶対にしませんから、怖がられませんよね。堂々とこれが貫けるのは、よっぽど実力があるのと、周りの環境がそろっていたりするレアケースかも。

 

 

「富と名誉」か、はたまた、「実力と自由」か

 

この、「人あたりがとても丁寧で、明るく、従順でちょっと天然なスキがある感じな女性社長」、どの業界にも、そのようなマネジメントは、いるいるという話かもですが、権威が必要な古い業界あたりの、ややもすると男性会長(ドン)とかの下にいることが多い気がします。ドンからすると、事務局あたりなイメージで置いている、社長やマネジメントなのでしょう。面倒な人間関係のとりまとめが上手な女性です。そして、あくまでも操縦官を握っているのは、男性です。ぶっちゃけ、男性の威を借りながら、大きく人脈をつかって組んでいくのが好きで、こまかな実務には長けていないご様子。

反対に、現場上がりのバリバリできる女性で、世間でいうそれなりのポジションの方は、固定観念に縛られない柔軟で優秀な男性ボスと、一緒にいたりすることが、多いように感じます。どちらかというと、バリバリ女子よりも、もっと母性的な男性ボスです。ここで、富と名誉か、はたまた、自由と実力か、どちらをとるのか、わたしなら~なんで、ぼんやり想像してしまいます。ちなみに、「実力と自由」といえば、あの、ドクターX大門ミチコを思い出してしまうのは、私だけ?

 

 

人生いろいろ。男もいろいろ。女社長だっていろいろ~

 

実際に、あったことなのですが。ご挨拶やランチミーティングなどを重ねて、「では、課題とそれに対する企画を作成して実装していきますから、これからご契約をいただき進めたいと思います。」という話になり、金額はいくらですと申し上げたところ、女性社長の顔が、急にゆがみました。「◎◎さんが紹介してくれた方だから信頼しているし、実績もあると思うけど、大事なお預かりしているお金だから、ちょっと私が直感で決めるのはできなくて、きいてみないといけないから」という、ややもすると、主婦的な発言を聞いたときに、愕然としました。

通常の企業では、最終の決裁権限は、社長のはずですものね。とはいえ、社長と一言でいってもいろんな社長がいて、こりゃ家計をあずかる奥さんだなぁと、思いました。それから、私の中のラベリングは、「奥さん」です(「愛人」もたまにはいるとおもうけれど)。
そして、その「奥さん」曰く、「あなたの人脈を、こんど教えて。会社内容も全部みせて。情報提供としてです。」だそう。

 

「人生いろいろ。男もいろいろ。女だっていろいろ~」という、島倉さんの歌をおもい浮かべながら、帰社の途についたのでした。

 

 

なにか独立起業でお悩みですか?? 

ご相談はこちらからお受けしています。

 

ゆめかなうでは、会社設立からバックオフィス業務(総務・労務・経理・法務・知財など)についても頼れる専門家や現役の独立起業家にご相談いただけます。ゆめかなう事務局があなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)や、現役の独立起業家にお繋ぎいたします。

 

以下のフォームにご記入の上 [確認画面へ] をクリックしてください。は必須入力です。

お名前
メールアドレス
電話番号
会社名または所属、肩書き
現在のステイタス
ご相談・ご質問内容

プライバシーポリシーを確認の上

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP