アイディアバンクアイディアバンク

化粧品をすっと取り出せるポーチ 「sussu(スッス)」

2018/11/30

すっと取り出して、すっとしまえるポーチ!

 

すっと取り出して、すっとしまえる!

何て素敵な響き(笑)

 

メイク道具を立った状態で収納できるポーチです。

 

「sussu(スッス)」


<参考ページ>SAZARE

自立する上に、収納力抜群のポーチ

 

ファスナーを開けると、メイク道具が立てて収納できるようになっています。

 

コンパクトサイズなのに収納力は抜群!

 

 

メイク道具を一つ一つ立てて収納できるようになっているので、化粧品の定位置を決めてしまうことができます。

 

マスカラもリップも、すっと取り出して、もとの場所にすっと戻せます!

 

 

16

<参考ページ>SAZARE

 

 

 

また、底がしっかり幅があるので、ポーチが自立します。

家の洗面台はもちろん、外出先でもちょっとしたスペースに置いて化粧直しができます!

 

 

17

 

<参考ページ>SAZARE

 

 

このポーチを使うと整理整頓はもちろん時短メイクまで可能になりますよ!

 

 

 

 

メイク道具迷子、卒業しませんか?

 

幾らナチュラルメイクといえども、メイク道具は1つというわけにはいきませんよね。

 

 

数あるメイク道具を一つのポーチに入れると起こる問題、それは…

「メイク道具迷子!」

 

 

マスカラ、マスカラといって化粧ポーチをガサガサ探してはしまい、次はリップ、リップといってまたガサガサ化粧ポーチをあさる…。その繰り返し。

 

 

煩わしさと時間のロスにプチストレスを感じていました。

 

 

また、外出する時にバッグの中身は最小限にしておきたい私。

化粧ポーチに入れるのは、化粧直しに最低限必要なメイク道具のみ。

 

 

そうすると家で化粧する時にめんどくさいことがおこるんです。

まず、カバンから化粧ポーチを取り出して洗面台に持って行き、家に置いてあるメイク道具ボックスを洗面所の収納場所から取り出します。

 

 

 

そして、ここでも起きるのが「メイク道具迷子!」

こっちのボックスからファンデーションを探して使ってはしまい、化粧ポーチからリップを取り出して使ってはしまい…。

 

 

あっちやこっちからガサガサ、ガサガサ…。

朝の忙しい時間にこのガサガサは何とかしたいと思っていました。

 

 

 

sussu(スッス)は、リップやマスカラはもちろん、コンパクトケースやリキッドファンデーションも立てて収納できるので、ほぼ全てのメイク道具を収納出来ちゃいます!

 

 

必要な物をすぐに見つけて取り出すことができ、無事、メイク道具迷子から卒業できそうです(笑)

 

 

 

 

「全国の忙しい女性に届けたい」その思いからできた

 

お化粧くらい心を落ち着いて鏡に向かってほしい

全国の忙しい女性にsussu(スッス)を届けたいと

合同会社 SAZARE代表 高橋節子さんはおっしゃっています。

 

 

 

こだわったのは、とびきりの使いやすさ。

ポーチを開けたら化粧品が一目瞭然で並んでいて、まるで「次に使う化粧品はここですよ」と教えてくれるような形状。

 

 

そうそう、これならバッグから欲しいものがすぐ取れるかもと、いつの間にか作成にのめり込んでいくつも試し、たくさん入れても持ち歩きに便利なコンパクト設計のsussu(スッス)ができあがったのだとか。

 

 

 

また、sussu(スッス)は全てメイドインジャパン。

毎日使うものだから丈夫なものをと職人さんの手仕事で作られています。

 

 

18

 

<参考ページ>SAZARE

 

 

 

コンパクトサイズでデザインもかわいいし、何と言ってもポーチを立てた時の安定感は考え抜かれ、計算されたデザインであることがわかります。

 

自分用にはもちろん、プレゼントにも最適ですよね!

 

 

 

 

独立起業や子育てで忙しい人にピッタリ!

 

 

日々仕事に追われている独立起業家のあなた。

必要なメイク道具をポーチ一つに収納でき、化粧をしたい時に場所を選ばすすっと取り出し、さっと化粧できますよ!

 

 

また、かわいいデザインは見ているだけで癒しになり、メイクするのが楽しみになるかも!

 

 

 

メイク道具を立てて収納できるこのポーチ、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

お買い求めはこちらからできます

 

「sussu(スッス)」

 

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆめかなう編集局

アイデア発掘レポーター さくらいあやこ

 

 

 

PAGE TOP