女性目線ビジネス女性目線ビジネス

女性がビジネスバッグに求めるのは十分なサイズと軽量化!

2019/01/12

女性向けビジネスバッグは軽量化が最大のポイント

 

ビジネスバッグは、いかに軽量化するかが、女性から選ばれるポイントになります。

 

A4サイズの書類やパソコンなどを収納するビジネスバッグは、大きさやマチなどが十分にあるものが好まれる傾向が強いものです。

 

しかし、女性ならお弁当やメイク道具などを持ち運ぶため、男性より荷物の量が必然的に多くなります。

 

荷物の重みに加え、ビジネスバッグ自体に重さがあると女性は通勤だけでも苦痛になってしまうでしょう。

 

今のビジネスバッグに満足している女性はとても少ない

 

十分なサイズ感であることだけを重視してビジネスバッグを選ぶと、バッグ自体が大きすぎてしまうという問題が出てきます。

 

たっぷり収納できる容量であることを重視する女性が圧倒的に多い反面、手頃な大きさであること求められているのです。

 

女性は、会社のロッカーや自転車のカゴに入るか・電車内で邪魔にならないかなどを意識します。

 

某調査※1によりますと、現在使用しているビジネスバッグに満足している人は、全体の29%と少なめです。

 

満足度が低い背景には、女性の声を反映したビジネスバッグ開発があまり進んでいないことが伺えます。

 

※1参考:バッグブランドFUMIKODA「働く女性のお仕事バッグ」に関するアンケート調査

URL:https://fumikoda.jp/blogs/fashion/181029-oshigoto-bag

 

軽量化と併せて取り入れたい女性が求める機能とは?

 

某調査※2では、ビジネスバッグでどのようなタイプを使っているかという質問に対し、トートバッグと回答した人が全体の44%、ショルダータイプと回答した人が36%でした。

 

荷物が増えたときに備え、ショルダータイプに変えられるなど2wayタイプのビジネスバッグであれば、女性は非常に使い勝手の良さを感じられるでしょう。

 

床置きした場合、ビジネスバッグに汚れが付着するのを嫌がる女性もいるため、底面に鋲があって直接床に触れないデザインだと安心して使うことができます。

 

置いた状態で自立するビジネスバッグは、名刺交換の際に手間取ることがなく,

所作を美しく見せることができるのもメリットです。

 

そして、電車通勤時のスリ対策やプライバシー保護の観点から、開閉部にファスナーが取り付けられていることも重要です。

 

持ち手部分が腕に食い込まない・持ち手をまとめることができるなど、きめ細やかなアイデアを盛り込むことで、女性から支持を受けやすくなります。

 

※2参考:バッグブランドFUMIKODA「働く女性のお仕事バッグ」に関するアンケート調査

URL:https://fumikoda.jp/blogs/fashion/181029-oshigoto-bag

 

女性の声を反映したビジネスバッグを生み出すことがヒットの秘訣

 

某アンケート※3によりますと、ビジネス用とプライベート用にバッグを使い分けているという女性は、全体の41%にも上ります。

 

使い分ける理由として、荷物の量に合わせるため・服装にふさわしいものを使いたい・通勤で大事なバッグを傷めたくないなどの意見がありました。

 

また、ビジネスバッグの所有数は、2個と回答した人が32%、続いて1個と回答した人が30%と、意外にも所有数は少なめなのが分かります。

 

数を揃えるものではないからこそ、機能・サイズ・軽さなどにこだわって購入する女性が多いものです。

 

女性が社会で活躍する今、働きやすさをバックアップするのは機動性がいいビジネスバッグの存在となるでしょう。

 

 

※3参考:フェリシモ モノコトづくりラボ「通勤バッグについて」のアンケート

URL:https://info.felissimo.co.jp/monokotolabo/enq/fashion/034298.php?xid=p_nr_ot_170417_RELEASE

 

 

 

PAGE TOP