アイディアバンクアイディアバンク

紙のやり取りとりはもう、おさらば! 保育園の連絡帳もアプリでIT化

2019/03/02

(参考ページ:ポピンズHP)

 

スマホが普及し、ラインやSNSなどで

簡単に意思疎通することに慣れると、

紙でのやり取りを手間に感じる人も多いでしょう。

 

デジタル化が進んできているとはいえ、

役所に提出する手書きの書類も億劫ですよね。

 

そして、

幼稚園や保育園、小学校などでの保護者とのやり取りも

まだまだ紙ベースで行われている所が多いのです!

 

例えば、

連絡帳に毎回、手書きでコメント…

配布資料にも必要な返事を書いて提出…

など。

 

家事に仕事に育児に忙しい親にとっては

うっかり提出を忘れた!

肝心な時に資料が見当たらない!

といったことがいつ起こるか、ヒヤヒヤものです。

 

そんな中、

保育サービス大手のポピンズは、

保育園と保護者のコミュニケーションを

既にウェブでのやり取りにしていましたが、

2019年2月から連絡帳機能を搭載した

アプリサービスを導入しました!

 

保育園と保護者のやりとりをIT化し

アプリ上で完結させてしまおうというこのアプリ。

保育園現場にどのような効果をもたらすのでしょうか。

 

ポピンズアプリでできること

  • アプリで連絡帳機能

(参考ページ:ポピンズアプリダウンロードページ)

 

園での子ども活動の様子や健康状態、また家庭での様子についてアプリ上でやり取りができます。ウェブでは都度必要だったロインも、アプリでは不要。利便性がアップしました。

 

  • お便りなど配布資料もアプリに一元化

「園のお便り」などの紙の配布資料もアプリで一元化し、園からの情報はすべてアプリで完結できるようです。

保護者は、書類の整理の呪縛から解放され、園も資料のコピーや配布し忘れなどの手間が省けますね。

 

(参考ページ:ポピンズアプリダウンロードページ)

  • 園での様子を写真で見える化

園での子どもの活動がわかる写真もアプリにアップ。アプリでタイムリーに子どもの様子が見れることで、親は子どや園とのコミュニケーションもより深くとることができそうです。

 

  • QRコードで時間管理

登降園時、園の受付にかざすQRコードもアプリに搭載。

ICカードを携帯する必要はなくなり、園もデータ上で園児の保育時間を瞬時に管理できますね。

 

  • ベビーシッター予約

(参考ページ:ポピンズアプリダウンロードページ)

 

ポピンズは全国でベビーシッターを派遣する「ナニーサービス」も展開中。これもアプリで予約可能になりました。

急な出張や会議の時にも、アプリから素早くシッターへお迎えを依頼できます。

1つのアプリから園とシッターの双方へスムーズに連絡ができるという、ポピンズならではの強みですね。

 

  • アプリはこちらからダウンロードできます。

 

AppStore: https://goo.gl/rmUaKz

Google Play: https://bit.ly/2M0WtPA

 

 

  • 保育園現場のIT化がさらに広がる!?

このような保育園と親のコミュニケーションを結ぶアプリは

実はリクルートマーケティングパートナーズも2016年に「キッズリー」を

リリースし、2018年時点で約1000園の保育園が導入しているそうです。

 

導入している保育園の感想は…

・登降園自の電話対応が減り楽になった。

・保護者の掲示物の見忘れが減って、情報伝達が早くなった。

・保育中に子どもに皮膚の湿疹が出た時など、写真でその様子伝えられた。

・連絡帳の持ち帰り忘れや見忘れがなくなった。

・子どもにも親にも一人ひとりの対応に時間をとれるようになった。

(参考ページ:キッズリーHP)

 

また、保護者側の感想は…

・バスの中や、職場に就いてから始業する前の30分に園に提出しているので、かなりの時短になっている。

・以前は、時間がないときは連絡帳が白紙だったり、連絡帳を持っていくことを忘れたりすることも多かったものの、スマホだと基本的に忘れない。

・園にお迎えに行く道中で、先生のコメントを確認し、喘息持ちの我が子について『咳が出ています』というコメントを見て、帰りがけに小児科に寄れるよう事前予約できるようになった。

(参考ページ:ウェブメディア「ハピママ」)

 

など、双方にとってメリットが出ているようです。

その他、同様のアプリは「ハグノート」「キッズのーと」などもあります。

 

今回、保育サービス大手のポピンズが独自のアプリサービスを導入したことで、

さらに、保育の現場でのアプリ利用が広がるのではないでしょうか。

 

ゆめかなう編集局 ライター 増子かほる

 

PAGE TOP