アイディアバンクアイディアバンク

タイヤを替えるだけで電動自転車に! 「FlyKly Smart Wheel」

2019/01/29

あなたの自転車がスマートになる!?

 

「電動自転車が欲しいけど、今の自転車もまだ乗れるし…」

「通勤に使いたいけど、ママチャリ的なのはちょっと恥ずかしい…」

「電動自転車って、充電切れた時が不安…。重いんでしょう?」

 

なんて思っているあなた!

 

付け替えるだけであなたの自転車が電動自転車になる、
画期的なタイヤを発見しましたよ!

 

「FlyKly Smart Wheel」

<参考ページ>Kickstarterホームページ

 

後ろのタイヤを「FlyKly Smart Wheel」に替えるだけで、

今乗っている自転車が電動自転車に早変わりします!

 

仕組みはいたってシンプル。

タイヤの中央部にモーターやバッテリーが組み込んであるのです。

べダルをこぐとモーターが動き出し速度が上がり、
ペダルを止めるとモーターも停止します。

「FlyKly Smart Wheel」の画期的なポイントをご紹介します!

  • とにかく手軽!

シンプルなタイヤなので交換も自分で簡単にできます。

さらに、スマホやスマートウオッチ「Pebble watch」と連携して、速度管理ができるほか、盗難の際もGPS機能で追跡可能。

あっという間にスマートな自転車に早変わりします。

 

  • 電動なのに軽い!

軽量のモーターを利用しており、タイヤ全体の重さはたったの4キロ。自転車の持ち運びも楽ちんです。

一般的な電動自転車の重さは約30キロ前後ですから、それに比べたら本当に軽いことがわかりますよね!

 

  • ペダルをこぐだけで充電!

下り坂を走っている時、目的の速度より早く走っている時、モーターを切った状態で走っている時などに自動で充電される仕様です。

 

これなら充電が途中で切れて道で動かなくなったー(汗)、なんてことが起きなくてすみますよね。

 

筆者は、一般的な電動自転車を利用していますが、充電を手間に感じて怠りがちです。

いつも、冷や冷やしながら乗っているので、これは本当にうれしい機能です。

 

もちろん家でも電源ソケットから充電可能。約2時間の充電で50㎞走行できますよ。

 

  • 乗っている間にスマホも充電!

ハンドル部分に取り付ける「スマートライト」を利用すると、スマホがセットでき、走行中でも簡単に操作できます。

 

これ、文字通り、自転車のライトになるのですが、スマホの充電器にもなるという優れもの。目的地に着いたら、スマホの充電もできているなんてまさに一石二鳥です!

 

 

  • ほぼすべての自転車に対応

26~29インチのタイヤに対応している自転車ならほぼすべてに取り付けが可能!

タイヤのデザインはシンプルなので、どんな自転車にも合いそうです。

カラーも9種類あり、おしゃれに楽しめそうですね。

気になるお値段は…?

アメリカの市場を対象に開発されたもので、現在は590ドル。

 

開発したのはニューヨークの起業家・Niko Klansekさん。

電動自転車をシンプルで身近にしたいと、何年も開発努力を続けてこられたそうです!!

 

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募集していて、

現在は590ドルの支援で「FlyKly Smart Wheel」が手に入ります。

 

スマホの充電ができる「スマートライト」は59ドルで支援できるので、

まずはこれから試してみても良いかもしれませんね。

 

 

家電製品のIT化が進んでいますが、これはまさに自転車のIT化!

次は何をIT化しますか?

 

ゆめかなう編集局 ライター 増子かほる

 

 

 

PAGE TOP