国内・海外レポート国内・海外レポート

日本初!対応言語は20種類以上!イヤホン翻訳機

49

2018/12/20

イヤホン型の双方向翻訳機をノジマが発売

 

対応言語は20種類以上!

 

家電量販店のノジマが日本初のイヤホン型双方向翻訳機「WT2 Plus」の販売を開始しました。

 

言語の違う人同士がそれぞれイヤホンを装着し、会話できるというもの。イヤホン型の双方向翻訳機には、ホスト用とゲスト用の2つのワイヤレスイヤホンと充電ケースで構成されています。

 

 

 

 

使用方法はとても簡単

 

利用には専用のスマートフォンアプリをダウンロードします。

ホストは、充電ケースから2つのイヤホンを取り出し、Bluetoothでスマートフォンと接続し、専用のスマートフォンアプリを起ち上げます。

アプリでホストとゲスト、それぞれの話す言語と翻訳する言語を指定し、相手にゲスト用イヤホンを装着したらセット完了です。

 

51

<参考ページ>家電Watchホームページ

 

 

 

 

対応言語数と翻訳精度がすごい!

 

20種類以上の言語に対応しています。

対応言語は、中国語/広東語/英語/日本語/イタリア語/フランス語/ドイツ語/ロシア語/韓国語/スペイン語/ポルトガル語/アラビア語/ポーランド語/フィンランド語/スウェーデン語/デンマーク語/ノルウェー語/カタロニア語/ヒンディー語

となっています。

 

また、翻訳精度は約95%なので、外国人とスムーズに交流でき、会話も弾みます。

両手を使わずに使用ができるため、身振り手振りも使えるので、コミュニケーションをとるのにも困りません。

 

<参考ページ>makuakeホームページ

 

 

 

 

 

選べる3つのモード

 

用途に合わせて自動モード、タッチモード、スピーカーモードの3つのモードが選べます。

 

 

・自動モード

イヤホン装着後は、お互いに話すだけで自動で翻訳されていきます。

 

 

・タッチモード

外出先など騒がしい環境に適しています。会話をする際に本体のタッチバーを押したり離したりすることで、より正確に声を聞き取れるようになります。

 

 

・スピーカーモード

話したことをスマートフォンのスピーカーで再生します。

相手の話はスマートフォンのマイクで拾い、翻訳された内容はイヤホンから再生されます。

特に大勢の人とコミュニケーションを取りたい場合に適しています。

 

50

 

<参考ページ>Nojimaホームページ

 

 

 

 

コンパクトな上に長時間使用可能!

 

本体サイズは2.95×2.95×1.42inch(幅×奥行き×高さ)。重さは80g。

Bluetooth 4.2以上に対応し、iOS 11/Android 7.0以上の端末に対応します。

 

充電時間は90分。

1回の充電で約4〜5時間使え、充電ケースに入れれば改めて充電が可能です。

ケース内では約3回充電できるとのことです。

 

値段は、24,880円(税抜)。

利用頻度が高い人は買う価値がありそうです。

 

言語が違うとどうしてもコミュニケーションが停滞してしまいます。

今まで、違う言語で会話する時、伝えたいことがうまく伝わらない、もっと話したいのに黙ってしまう、コミュニケーションがうまくとれずフラストレーションがたまっていましたが、「WT2 Plus」を使えば、その悩みも解消でき、言葉の壁を壊してコミュニケーションをとることができますね。

 

 

52

 

 

 

アマゾンでの類似品はこちら

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP